工房Baumについて・About Baum's Woodwork


工房Baumについて

佐賀県有田町の自然溢れる山の中で、

使う人が喜んでくれるもの、
使いやすいもの、
そして、長く愛され続ける作品を常に考え、
日々制作しています。

器などは、型を使用せず、

木と会話しながら制作しているので
同じものはありません。

また、自然であることにもこだわり、

仕上げには、食用オイルや漆を使用、

木製品の優しい肌触りやぬくもりを、

より感じていただくため、
磨き作業には得に力を入れています。

Baum(バウム)は

ドイツ語で「木」「年輪」という意味。

 

みなさまの暮しの中で、

ともに年月を重ねて、
いつまでも生き生きと息づく

Baumでありたいと願っています。

工房Baum 代表 釣 直也


釣 直也 Naoya Tsuri

1972年 横浜生まれ。

2011年 独学で木工をはじめる。

2012年 15年働いた自動車業界を離れ、佐賀・有田へ移住。
自宅に工房を構え、木工制作を本格的に始動。

2012年~2019年現在 
佐賀・長崎を中心にしたクラフトマーケットへの出展のほか、
横浜にて1年に一度個展を開催。